fool on the hill

命 日
今日は母の三回忌 時の流れは速い
故郷はすでに田植え終え 蓮華に爺を映し出す
五月晴れの空気はひんやりと透き通る

そそくさと仏事済ませ急げや急げいつものルート
中綱湖の深くなった翠を眺め目指すは白馬

五竜 唐松 不帰のキレット背景に 雪解水の何という色
こちらは田植え前 逆さ白馬三山
爺ヶ岳にあるはずの雪型「種まき爺さん」が白馬小蓮華にも、、、

晴天の絶景は親孝行のご褒美 とでもしておこう ^_^;
哀 悼
自身の拙い音楽人生の中で確実に転機となった強烈な出会い
その最後の一人が18日帰らぬ人となった

もがき続けた凝縮の5年間 付かず離れずの13年間
最後は1992年国際フォーラムでのデュオだった

即興とは何かを人生を賭して求め続けた
その足元にかすりもせず中途脱落した俺

せめてその5年間は戦友だったと言えるだろうか
心よりの哀悼
富 士
5/8 雲一つない快晴を大期待 午前3時出発
頭上に白鳥座 カシオペア すでに夏の星座
夜明前の白明に浮かび上がる諏訪湖面

八ヶ岳 甲斐駒 南アの山々は最後の残雪
本栖湖にたどり着いて息を呑む 眼前に聳え立つ 富士

南下して広い牧草地 朝霧高原に芳しき牛臭越しの富士
本栖に戻り再度ため息 ついで 精進湖 西湖 河口湖 巡り
撮ろうにも様になりすぎる絵ってどうなの?

関東では当たり前のように見えていたこの山
間近で見る孤高の威容にただただ圧倒される

帰路 甲府は昇仙峡 脳天めがけ落ちてきそうな巨石群
眩しいほどの新緑と滝の涼でひとまずクールダウン
15時間の運転も全く苦にならぬ感動の一日
枕 元
明けてみれば狂騒のカウントダウン 令和令和の大合唱
これも今の世の 閉塞感への反動か

さてこちら 百花繚乱 四月もようやく落ち着き
周囲は鮮やかな翠に模様替え

ある日 寝転んで何気なく窓際の障子に手をやると
いきなり目の前にハナミズキの淡桃全開

裏庭の木なんだから驚くこともないのだけれど
初めて見たような新鮮さ 枕元から1m先 朝夕の小幸せ
夏は緑のカーテンに 相も変わらず狂騒とは無縁の仙人暮らし
難 題
築50年も過ぎようとする家は修理に次ぐ修理
屋根 外壁 ベランダ傷み 戸は拉げ 床軋み

台所に風呂 廊下 階段 畳に障子 天井 壁紙 トイレに物置
加えて水道 電気 瓦斯 下水 一体どんな有様?
まぁ 見た目一応 小奇麗な体裁は保っているのだが

40数年の借家暮らしにはなかった憂鬱が次から次へと
持家と借家 尽きせぬ難題、、、
桜 狩
ようやく やっと春 どこもかしこもついに春
相 応
巷で噂の超高級食パン 一斤凡そ 4~500円前後
あの店とかこの店とか 二軒程度しか知らないが
明らかに違う原材料 その他 高級感とか芳醇さとか

片や 近所のスーパー 激安一斤80円の食パン
味は6~7倍落ちるのかと言うと それがよく分からない

けれど日々の80円は何故か美味しく夫婦で食す度
首傾げ やっぱり旨いよね~ と 俺達味音痴??

潤沢に棚に並びいつでも買える割に回転が早い
ってことは やっぱりこっちが分相応
入 力
最近の音声入力は滑舌悪い俺でもほぼ完璧に認識する
けれど一人でいてもしゃべることには抵抗感 ましてや
Alexa.Google.Siri.Cortana に呼びかけるなど問題外

タブレット端末での入力は手慣れたQWERTY配列
ローマ字入力が一番手っ取り早く携帯配列はどうにも苦手

変換も長年ATOKを使っていたが最近はもっぱらgoogle
今の時代に強く早い 単語登録もさっとPCから流用可
けれど片手打ちだと指の移動量が多くちと辛い

そこで新たに google の Godan入力に挑戦
面白い!直感的で英語や数字切り替えもほぼ無用
よく考えるなぁ、、しばらくゲーム感覚で遊んでみよう
団 欒
家族団らん18時 夕食時に呑み食べながら
写真を見たり話したり 文字を書いて読みあって

久しぶりに娘交えて三人で面白おかしく小一時間
けれど見えるは 酒と料理と女房だけ 他にはそれぞれタブレット

その時娘はイタリア ローマのホテルで一休み
まるで眼の前にいるかのように会話が続く
おかしな世界になったもの、、、

因みに あちらでは LINE よりも WhatsApp とやら
導入に何の手間もなくスマホ PC タブレットと自在
宣伝もなくシンプル 好印象
警 備
警備会社の面接 何故か即決で採用
夜間の警備初日当日 上司曰く

「何かあったら兎に角逃げろ!何もするんじゃない!」
理由を聞くと「それが一番安くつく
万一怪我でもされたら大損だ」と 呆れた答

妙に得心したが当然その会社はすぐつぶれた
バイト面白経験第二弾
Designed by aykm.