fool on the hill

食 感
今年になって直売所で時折見かける新野菜
面白がって買ってみたらこれが結構使える

硬~い柿 もしくは生人参ほどの歯ごたえはカリコリパキっ
その名コリンキー 百円前後 何やら似た名のスナック菓子が、、

見かけは黄または橙色の若干洋梨型小型カボチャでほとんど味はなく
生サラダ 煮物 漬物 炒物 天ぷら と守備範囲は広い

見た目と違って皮は柔らかくスッと包丁が入る
余り火を通すとただのカボチャ食感になるのがご愛敬
講 習
わかったつもり できたつもり が講習会の本質
いったん家に帰ればさっぱり??

思い余って申し込み「松の剪定」限定30名
初っぱなから予約電話が全く繋がらない

運良く通じ いざ出かけて見れば同じ境遇の爺婆勢揃い
数名の植木職人の指導で公園の松を実際にいじってみる

実に難解 理解不能 春は春でこれまた全く違うと言う
これじゃつもりでさえもままならぬ

翌日 無謀にも庭の赤松 黒松に挑む
3m超の三脚の上は恐怖 それでも樹頭に届かない

身軽な女房にてっぺん任せ悪戦苦闘の二日間
どうにかそれらしく体裁だけは、、、

職人が見たら呆れるんだろうなぁ、、
まぁいいか いざとなれば薪じゃわ!   (-.-;)
着 想
何もそこまでやらずとも、、、とか
思わずニタリ とか なるほど とか とか

アイデア満載サイト
画面右覧 その他のサイトもお楽しみ
警 報
爽やか朝の土手 散歩中けたたましくサイレンが
ダムの放流? しかしいつもの音とは異質

続いて放送 「北朝鮮からミサイルが発射された模様
ただちに頑丈な建物へ避難せよ」 

ここは土手の上 例え建物があったとしても、、、
戦時中は常時こんな警報が鳴り響いていたのかな

戦いを知らぬ世代 平和ボケと揶揄されても
ないに越したことは絶対ない
若 人
保科から狭く急峻な山道を清流沿いに駆け上がる と
いきなり広大な菅平レタス畑 朝6時 あちこちに収穫勤しむ村人
そして突如 驚くべき若人の大群が道路を埋め尽くす

ラグビー部員と見られるけたたましい体格の軍団
ほっそりとした各有名校の長距離走集団
柔軟そうな女子レスリング部員の隊列
それぞれの集団を追う車にサポート部員

どこから湧いた?高原は至る所トレーニング中の若人だらけ
車で走るにはごめんごめんと一々頭下げ気を遣う
ラグビーの聖地とは聞いていたが夏の菅平がこれほどとは、、

こりゃ駄目だと隣の峰の原高原へ
スキー場のてっぺんまで登り詰めようやく朝食

空は青く手を伸ばせば届きそう
久しぶりに顔見せる北アルプス全景に槍や立山までも
無上 望外 恐悦至極 ありがたき幸せ、かな
見 合
さすがの信濃 日頃獣に遭遇する確率はかなり高い
夜間の山道に蘭々と光る眼は当たり前
昼間でも道路横切る 猿 鹿 狐 狸 熊 ニホンカモシカ

我家一応市内の住宅地 当然周囲は家だらけ それでも
川幅500mはある一級河川までは徒歩5分
小高い土手下の河川敷には広いグラウンドが何面もある

風吹き渡る朝焼けの土手はお気に入りの散歩道
さて先日 突如 雌鹿出現 でかい! たまげたの何のって

硬直の吾と見つめ合うこと2~3秒 すぐさま身を翻す鹿
跳ね駆け下りいく躍動美 夢かと思えどシカと残る足跡
農家にあっては害獣なれど眼前に現れればただただ驚嘆!
伐 採
切らねばならぬ庭木がまだ何本か残る
根元が20cmはある立木の枝を払い幹を上から切り分ける

よく切れる鋸なのだが一切れ十数分 堅い!
疲れる萎える腕震えて息上がり汗びしょで蚊の餌食
こんな時 エンジンチェーンソーがあったなら、、

たかが庭木に?それに住宅街であの音量は、、
散々迷ってえ~い ポチッ!だって年だもん、、、^_^;

マキタ電動チェーンソー パワーは昔とは桁違い
秒速の切れ味はまるで大根の輪切り あっけにとられ
何だったんだ あの労苦 むふっ!切りまくるぞ!
気 儘 
朝6時志賀高原は三角池 静寂の中 朝食済ませ付近を散策
常に地べたを探す連れが大笹の茂みに見つけた透明に輝く植物
銀竜草だと言う 美しい!と見るか不気味と見るか ^_^;

いつの間にか深い霧 行くあてもなく走っていたら
日本国道最高地点2172m渋峠 すざましく吹き上げる雲
常の強風らしく樹木の枝は皆一方向へ 視界超不良

風に押されるように転がり落ちてみればここは草津温泉
んだばちょっくら 合わせ湯など初心者用をほんの少し

一眠りして人種入り混ざる湯畑見学 見上げれば真っ青な空に白い雲
さっき見られなかった荒々しい岩石群の白根山に戻り

登ってみる50年ぶりに? 徒歩20分とは言え結構きつい
下ってくる人々に励まされながらようやく展望地点
眼下に広がるたとえようもない変わらぬ色に汗が引く

ここから峠まではまるで天空を走っているような道が続く
ついでに笠岳~山田温泉の崖っぷちを走る
案の定下界はこの暑さ!気温10度の世界が懐かしい
静 音
真夜中と言ってもほぼ日付が変わった頃から起き出して
そのまま朝まで画面とにらめっこ

微かにBGMなど流しながらではあるのだが
最近PC動作音が気になりだした
すでにこいつも9年余り そろそろ そろそろ、、

でかい筐体が届いた
世話になったPCの使える部品を移し替え いざ起動
宣伝文句に偽りなし ほぼ無音の動作音 あなうれし!
遺 産
庭の草木が余りにも、、黒松 赤松 五葉松
「手間と金のかかるものばかり!」 下見でつぶやく庭師  (゚д゚)

そやつらさておき ひと思いに他を引っこ抜く!
高野槙に海棠 梅花空木・花水木・こぶしの木
錦木・雪柳・懸崖ヒバ・ツツジ×2・椿×2 春蘭×4 合掌!

中でもツツジの根には疲労困憊
結果見通し良 本来の石庭が見えてきた

後日の炎天下 庭師三名八時間に及ぶ五本の松との戦い
終えてみればそやつらは毛刈りを終えた羊の如し

すっきりした庭は爽快 裏腹にまだ見ぬ請求書に思い暗澹
しかし毎年のこれ、、いったいどうすりゃいいんだ!
Designed by aykm.