fool on the hill

上 京
花のお江戸は13ヶ月ぶり 都会は常にパワー全開
ビデオ収録の帰路 ほろ酔い加減の夕時ラッシュ
通勤客でごった返す東京駅 巻き込まれる人の波

すっかり泳ぎ方忘れ あっちぶつかりこっちよたよた
てぇげぇにしろっ 田舎もんが、、

今にも罵声飛ばされそう
すっかりお上りさんに成り果てた
収 録
東京は杉並区高円寺 環七沿い 夜のカフェバー風
店そのままがビデオスタジオのネット配信
数台のカメラとモニター 全て自動録画

カウンターには妖艶な美魔女二人 ど派手なブロンドウィッグは
何を隠そう長年の友人 Jazzドラマー 片や初対面の Jazzシンガー
後ろに控えるマネージャーもこれまた長年の友 Jazzベーシスト

始まる前から呑めと言う お言葉に甘えてチビリチビリ
フェードインで始まる四方山話の数々
俺を知ってる人ならまたかの百回話 根掘り葉掘り問われて小一時間

後から見れば己の像と声に、、 気が遠くなりそう
酒宴で丸め込まれ引き受けた俺が馬鹿だった、、、

と言いつつ 三人のさりげない心配りに助けられ楽しい時を過ごす
インタビュアーのお二人もさぞ疲れたことだろう
いやはや 何度か経験はあるものの やはり男前に産んで欲しかった、、
活 字
介護の6年間 たっぷり時間はありそうなのに
全くと言っていいほど読書から遠ざかった
気力が沸かない 多分それが本音

日々の液晶画面もそろそろ長時間がきつくなり
久々に活字を見たくなってふらっと本屋へ

寝転んで読むスタイルだから手軽な文庫本が主
その割に分厚い長編ばかりを選ぶ

最近は文庫も高価 まとめ買いなどとてもとても
となれば当然古本 懐かしい作者と見知らぬ作者を適当に見繕い いざ

自分に合った本に巡り会えれば 涙腺緩み時忘れ 高揚感に震える感動
作家って凄すぎる、、、ついでに目の疲れも少なく電池も不要
最後はやっぱり紙に活字 ですね。
中 継
長年の習慣で未だに東京の番組をラジコで聞いている
関東地方の天気や道路状況を聞いてても仕方がないと思いつつ
耳に慣れたものからは なかなか離れられない

ところで野球 殊更好きでもなくかと言って嫌いでもないのだが
何が嫌って シーズンになるとどこの局も一斉に野球中継
この横並び体質がどうしても好きになれない

今は各メディアでの選択肢が格段に増えてはいるが
昔はただただ我慢するしかなかった

そこに今年4月 TBSラジオ中継撤退の激震
懐事情故の決断らしいが こちらとしては  ようやくですか、、ほっ!
屑 食
年にほんの数回 無性に食べたくなるもの二つ
ケンタのチキンと湖池屋ポテチ

チキンは二日酔いに効くと言う意味不明の特異体質
ポテチは 湖池屋「のり塩」オンリー

が 先日 PRIDE シリーズ「本格うす塩味」に出会う
お おおっ!こっ これは!

しかし 結局戻るんだろうなぁ 魅惑の屑食三要素
栄養皆無 高塩分 高カロリー その名麗しき「ジャンクフード」
一 言
友人の祝にリクエストされた店に着いていざ
メニュー見て呆然 オールカタカナ 無国籍?
スペイン?イタリア?フランス?韓国?

ラクレットチーズグリル カルパッチョ バーニャカウダ
チーズダッカルビ リゾット アヒージョ トリッパ 、、、

外食などほぼ皆無 無理もないさ と苦笑しながら
料理はゲストにお任せし 自ら唯一 一言「飲み放題っ!」
山 崎
三人ほどいる友人の名ではなく酒の銘柄
普段は4Lペットボトル入の安麦焼酎にて晩酌
酒を楽しむと言うより睡眠薬的効能目当て

時折 数年前 娘にプレゼントされた高級ウイスキー「山崎12」
小さな切子グラスにほんの少し 舌の上で転がすのが何よりの楽しみ

幸せな一瞬

久しぶりに娘が遊びに来たので  あとこれしか、、、、
未練がましく そっと大声でつぶやいたら
帰った後で宅急便 輝く琥珀の一瓶 「山崎12年」

あ~ また数年を楽しめる ありがと。。。
今 風
デザイン秀逸 au G9 使い続けて丸10年 未だガラケー
これで全く何の不便もないのである

メインは 光回線 極静音PC ついでにWi-Fi環境M5タブレット
奥は M3 iPad iPhone 贅沢な家である

できる男は大画面にキーボード!?
外に出なきゃスマホも無用の長物
俺は流行りの 引きこもり高齢者、、、そう言えば先日

長距離列車の中で どう見ても七十過ぎとお見受けする御仁
スマホ相手に必死の落ちゲー う~む、、、、、、
対 峙
久々録音現場に立ち会う 録音やプロデュース経験は多々あるが
一発OKなどまずお目にかかれない

演奏者としては自分自身との戦いになる苦しい現場
サポートの立場も繊細な機微に敏感でないと勤まらない

編集作業は音一つづつとの対峙でとても音楽を作っているとは思えず
無事繋ぎ合わせてようやく全体像が見えてくる

多くの過程と人が寄り添って心と音の貴重な記録となる
レコーディングの本質を再認識するいい機会を得た
加 齢
豚カツ求め評判の店に 混むと聞いていたので早昼開店11時
和風モダンな店内 客はなく静か

度々は来ないだろうからとお得なランチはスルーして
店のお勧め定食を注文「ボリュームありますよ」と女店員

多分大丈夫だろうとご飯をぐっと減らしてもらっていざ
肉質 脂身 厚さ 衣 揚げ方 どれも感嘆詞
濃厚ソースより岩塩がとてもよく合う

無事残さず 美味しかったとお礼を言って店を出た後 少しして
「本当にうまかった?」不思議な感想 独り言

音楽もそうだけど 圧倒的とか技巧的とか
上手い 凄い 興奮 感嘆 激情 血湧き肉躍る
遥か遠く とても懐かしく感じる言葉群

今は静かでしっとりと じわりと染み入りそうな読後感
いったい肉と何の関係が、、典型的華麗なる加齢現象 也 (-.-;)
Designed by aykm.