fool on the hill

機 能

老夫婦健在の実家
結構な頻度で新家電が増えている

今回はガラス張りガスコンロ
これがとにかくうるさい
いちいち偉そうに指示を出す

それだけでもうっとおしいのに
海苔を焼こうとしたら火が点かない

鍋を置け!ときたもんだ

あっのなぁ、、

できるんだろう おそらく
しかしその為に 取説引っ張り出せってか

たかがガスコンロの

老人や子供 おっちょこちょい人種のための
安全考えるはいかにももっともらしいが

違うだろっての 方向が!


最近の家電 使いこなせてる方おられます?
単機能単純操作が懐かしい私です

ついでに各種スイッチ
あのふにゃプラスティック面に並ぶ数々のボタン
機械的突起型ボタンに戻せ

暗闇で操作したい時だってあるんだ!

ぶりぶり!!
総 理
新総裁安倍晋三 獲得票数464(197+267)
谷垣102(36+66) 麻生136(67+69)

ま それはいいとして

比べるも畏れ多いが 己より歳下

      総 理
小 鬼
二十代後半まで読んでた漫画様々
ギャグ系苦手で風刺か劇画風好み

なのに おじゃる は結構お気に入り

こんな餓鬼 近くにいたらそれこそ沸騰するな
と思いつつ ペーソス漂うほのぼのにいつも負ける
中でもトミーとその仲間 それと小鬼のファンである

漫画に限らず 自分に受ける要素がこれ

1.ん? 2.ニタッ 3.なるほど! 4.ククッ! 5.ぐわっはっは!

一瞬でもこの課程がないとどうにもつまらない

故に吉本系即物的笑いに馴染めず
上方系落語も実は苦手

何故におじゃるの話題?

原案者が自ら命を絶たれたそうだ
09 11
米国同時多発テロの日付

ではなく

丑三つ時の激しい落雷雷雨
闇を引き裂く光
稲妻と連動する幾多の轟音
激しく突き刺さる槍のような水滴

深酔いの寝ぼけ眼に強烈な一撃

ビシッ!と言う表現が一番近いか
同時にオゾンのような匂い
天空駆けめぐる音は壮大だ

部屋が濡れるも構わず窓を開け見入る


これを天啓と見れば
諫められるはアルカイダ それとも米国!


□追記 資料推定
米国多発テロの犠牲者 2973 人に対し
その後のアフガン.イラク侵攻での民間人
及び各国兵士犠牲者総数はおよそ20倍
視点を報復に限るなら 余りの比率
忘 我
それが起きたは華も恥じらう弐拾四
野坂師舞台 裏方にて名古屋出張
本番袖にていきなり正体不明の激痛
這々の体 脂汗垂らしながら帰京
寝てはみたもののいっこうに治まらぬ

未だその時代 文京は駒込の
階下に母娘の営む小さな下宿屋

向いにみすぼらしい診療所
訪ねたこともなく胡散臭く眺めていた が
背に腹は、、

意を決し

[ たのもう ] と私

実に Back to the future ドク風体爺が顔を出す

【如何なされた】 と白髪爺

[ 異様な痛み 下腹部に ]

【どれ 見せなされ】

薄汚れた簡易床 下半身丸裸
上向き膝抱え あられもなき姿

【ふむ これはまた、】

[ 如何なる患いや?]

【痔じゃ それもイボ】

       絶 句

【よいか 今から手術を始める
 いかなる奇声もよし 思いの丈叫びなされ】

親指を深く咥えたっぷり唾をつけ

【参るっ!】 とドク

あろうことかその藪医者
濡れた親指我が菊の座に深く深く突き刺しぬ

脳天に落雷 ケツにバズーカ
涎に涙汗まみれ ドクの指は糞まみれ

[ ぐぎょわでぇーdrftgyふじこーっ!!]

       悶 絶 



【処置無事完了 即刻帰宅致し半時の間静かに横たわれよ】

白い消毒洗面器に手を沈め諭すように語り 去る

       忘 我


半時後 四畳半一間 布団上
痛み去り一人静かに嵐の後を振り返る

さては名の知れた名医であったか
たった一本の親指で、、、、


これより十年の歳月を隔 新たに勃発するは

       【 其之二 】

更なる激痛 恐怖と恥辱 誇張なき紛れもない真実は

いづれまた、、、、、、
炎 天
年齢重ねると余計なものが伸びる
、、ような気がする
爪も何となく伸びが早い
なかったはずの耳毛なども気になるような

宮崎山奥に10日間
二期目刈り入れ間近の田んぼ
むっとする青草の匂い
爽やかな渓流 青い空に入道雲 突然の雷雨
 
帰ってみて気がついた

鼻毛が伸びてない
匂いに敏感だ

オランダはハーグ
木々に囲まれる町
90日滞在して帰った後もそうだった

田舎で車を拭くとほとんどが茶色の土埃
都会で拭くと真っ黒な物質が付着する
雨の後などひどいもんだ
これで育つ野菜など食している現実か 嗚呼


台風に突っ込んで行ったもののすんなり着陸
二日ほど雨が続いたがさすが南国
太陽の熱さが違う
炎天下野外リハーサル
流れ落ちる汗で目も開けられない

31人の子供達 青年10人 えほんスタッフ  
充実した日々だった
何より昨年も参加した何人か 青年含め
成長ぶりに眼を見張る

鼻毛云々言ってる場合じゃないぞ
まぶしい太陽と若さだった
Designed by aykm.