fool on the hill

漢 字
先週ようやく50冊を越えた年間読書量
別に目標としている訳でもないけれど

比較的速読なので分厚いものしか選ばない
専門書や小難しいものは苦手 それでも
読めない漢字がたいてい一冊にいくつかはある

ところが愕然
簡単な漢字が書けなくなっている

画面上の文面は書き直しいくらでも
変換素早く順序変え表現を変え全体を見渡せる
消しゴムカスなど全く出ない

便利さに頼りすぎた 書き取り練習必須

それにしてもこの量 ほぼ毎日読んでるような感覚だ
如何に暇人 仕事の少なさ暴露してるようなもの、、?


過酷な夏もようやく去って9月も終り明日から10月
郵政民営 テロ特措 年金 格差 新総理
いったい何が変わるやら

そんなことより

ガソリン代を下げてくれ~っ!
修 羅
内閣防衛大臣 石破茂 鳥取産 慶応大 防衛政策通
大変な酒豪にして愛煙家 四代続くクリスチャン
学生時代は熱烈キャンディーズファン

へぇ、、

この人の眼
決まって思い出す昔の救いなき漫画 【アシュラ】

浮浪雲でお馴染み ジョージ秋山 作

余りにも似ている、、、
脳 内
麻生太郎が演説で脳内メーカー知ってるか
と言ってたが知らないので遅まきながら行ってみた

俺の脳内下記の如く
休み17 悩み16 欲12 愛11

ふむ、、

ちなみに何の根拠もないらしい
おせっかいにもこんなもんまで取り揃え

俺のカレンダー 俺の脳内フェチ 俺の前世の脳内
俺の相性メーカー 俺の高校 俺のTシャツ 俺のジャー
俺の能力 俺の占い 俺の相撲部屋 俺の市場

バッカじゃねぇの 見る俺も

ちなみに「永田町」と入れてみたら
欲と休みだけで埋まってた

当たってるかも、、、
異 国
我家のお嬢が若き男3人従えNewYorkへ
Jazz Bar はしごの旅ですと
バイトで貯めた自費 惜しそうに握りしめて

無論賢い親は三猿決め込み知らんぷり
何より無い袖振れぬ

図々しくもジャムセッションまでしたそうな
怖れ知らぬ若さと度胸に驚きもするが

外国旅行 俺の最初は 1$360円
沖縄行くにもパスポート

正に隔世の感
類 語
blog書くのに言葉の別表現が欲しいことがある
そこで便利なのが シソーラス検索
大分以前から世話になる

ところがここは日に五件しか調べられない
ならばと類語辞典CD版を買ってみた

ある言葉に対して
同義語 広義語 狭義語 反義語 関連語と即座に抽出
その内の一つを選べばまた次が次から次と

便利もあるが見ていて飽きず
表現とは実に様々だ

しかし日本語でさえこの始末
ましてや俺に外国語など      絶っ対無理っ!
稲 垣
チャリで毎日早朝散歩 富士山大きく 遠く榛名に浅間山
少し走れば荒川土手 対岸に埼玉副都心
下流に見える新宿高層ビル群

走る途中は広々田園風景 稲が実って頭を垂れる

代掻き 田植え 水の管理に草むしり 稲刈り脱穀イナゴ取り
中でも暗い夜道とぼとぼと水の管理は子供心に恐かった

最近は稲刈りから脱穀まで機械でこなすコンバイン
腰かがめ鎌持つ姿は見られない

珍しく稲垣を見つけた 見張り番は5体の案山子

うれしくなって思わずパチリ

今時こんな農家もあるんだなぁ
後 味
近年各地台頭の創作料理居酒屋
さりげなくしゃれてそれなりの店内
出しゃばりもせずこれまたそれなりの気配り

出てくる器もそれなりに
細部まで見せつける凝った盛りつけで 味はと言えば

さて何食ったんだっけ?
店を出て「あ~うまかった」とならない不思議

あぶさん流に言えば
県醒め村醒めにも至らぬ 「軒醒め」
とは店を出てすぐ醒める安酒の意

予算の五分の四が酒代と消える身には
ほんの小量びしっと締まった肴が欲しいのである
味の核みたいなもん

バイキングも似たようなものか
豪華絢爛これでもかと居並ぶ料理に目を奪われて
皿に盛りつけ席に座ればただの寄せ集め
何を食ったんだか


演奏会にもこの類 少なくないような、、、
絶 妙
話題事欠かずあの激しかった小泉劇場
それ以上のサプライズ演出するなら安倍辞任
これ以上絶妙のタイミングはなかった

と皮肉屋の感

二人の功罪や如何に

自民党をぶっ壊す 改革なくして成長なし
官から民へ 驚天動地組閣 田中真紀子更迭
抵抗勢力亀井静 鈴木宗男 平沼赳夫追い落し
訪朝拉致家族一部奪還 イラク派兵
衆院解散郵政選挙大勝利 刺客 小泉チルドレン
道路公団改革 靖国参拝 郵政民営化法案可決
任期5年

対して

美しい国 日中日韓関係改善 教育基本法改正 国民投票法
防衛庁昇格 郵政造反組復党 年金問題 相次ぐ閣僚不正
参院選惨敗 新組閣 所信表明即辞任 拉致問題進展無し
任期1年

端から眺める分には面白かったが
どちらも庶民の暮らしには厳しかった

福田vs麻生 政策の違い未だ見えず


またぞろあのドロドロとした政界物語
小説「吉田学校」を読みたくなった
福 生
福田 麻生 で福生(ふっさ)戦争?
東京都下福生市とは無縁

いざ開戦かと思えば体勢はすでに決着?

まあでもこれはただの一党内の争い
本格権力闘争は衆院解散後の総選挙

田中角栄直系小沢とは福沢闘争?
それとて旧自民党内の争いとちゃうの?
辞 任
へっ?
勝 率
相手がいる話ではないのだけれど
最近負けが続いてるかも などと何とはなしに

自分の演奏に勝ち負けと言うのも変だけれど
なんか後味っぽく残るんだよなぁ

今のところ三勝三敗一分け ってことは五割に近い?

待てよ

イチローでさえ四割が最高としたら
そりゃ死んでもありえない

ちゃんと練習しろってことか 要は

なんか チカレタ
秋 桜
台風の影響で上信越道一部通行不能
中央自動車道と繋がった圏央道を使い
長野県中部茅野に向かう

未だ完成を見てないが首都圏最大の高速環状線は
環境問題で建設が遅れた箇所はほとんどがトンネルだ

首都渋滞緩和策にしては高く感じる料金
ETC割引も普通なら使えない姑息な設定

帰路は一般道 峠越えに決める
茅野~白樺湖~佐久~下仁田~藤岡へ
湖 高原 森林 過疎の村 高速では味わえない

夏の喧噪を終えたリゾート地
演奏終了後の尖った神経に白樺の森が優しい

霧に佇む小さな女神湖

初めての県道40号線を楽しみながら
曲がりくねった山道を下りに下る

少ない交通量
エンジンブレーキのみで降り切る自己満足

標識に東御や佐久穂と見慣れぬ文字 合併か
我らの八千穂村の名はなくなった?

群馬県境内山峠の手前は懐かしい秋桜街道
雨に濡れ淡い色が延々と続く

峠を越えれば霧に隠れた荒船山
里に下りれば下仁田のネギと蒟蒻 露天商が軒を連ねる

吉井から 通い慣れた高崎音大講師時代の裏道を走る
オフロードバイクではまった かぶら川
台風で中州の木々がことごとくなぎ倒されていた

毎回楽器担いで一人聴くエンジン音
いつまで続けられることやら
残 像
決定的瞬間と言うほどのものではないけれど
ここ一番をカメラに収めようとした時 ふと違和感

何だかよく分からなくて何だろうと思っていたら

その瞬間見ているのは小さな液晶画面
たった一度の出来事を 広い視野と臨場感
網膜 脳裏に焼け付けなくて何とする

木を見て森を見ず すごく損した気分


これって結構 音の現場 にもあるよなぁ などと独り言
唖 然
社保庁本丸から末端まで99人の職員が3億4千万の年金着服!

正に正に国の公的詐欺機関

泥棒に追い銭ならまだ滑稽さもあろうが
盗っ人に将来預けようとはよもやよもや
想 像
ラジオ文化放送
大竹まことが週一回から平日毎日になったのはいいのだが
どの話題も若干薄めになった感がある

比べてその後の時間帯「たまなび」玉川美沙
軽い話題のしいて言えばどうと言うことのない内容

初回印象が「なんじゃこの声」それが
日に一度聴かないと何か忘れ物でもしたような

TBSラジオ 古くからの遠藤泰子の声も
似たような中毒症状が出る

ラジオの魅力の最たるものは
否が応にも想像力かき立てられることか
少なくともTVよりは脳トレに役に立つ ?


話題変わって涼しくなっと思ったらもう9月
裏の芝生公園は整備費ないのか草ぼうぼう
おかげで秋の虫の大合唱 何とにぎやかな

秋ですか、、


再び話題変わって先日の千歳空港
「白い恋人」は見事に消えていた

以前blogに書いた佐藤水産製手鞠筋子
楽しみに買い求め酒の肴に味わえば情けなや
同じ物とは思えない

食品業界も秋風か
Designed by aykm.