fool on the hill

化 粧
巨匠ギタリストが配信してくれる記事の中
電車で化粧する女についてのコラムがあった

日々起きる事件も化粧も 根幹は 【 想像力の欠如 】 にあり
ひいては想像力は創造力であるとも結論付ける 実に同感

けれど違った楽しみもなくはない
九分九厘は不快 問題は残り一厘

いつもの車内 やれやれまたかと うつらうつら

終点間際
目を上げれば これが同一人物かと思われるほどの大変身
艶やかである 華麗である びゅーちふるである

これは楽しい 思わず無遠慮に眺める

どだい男は女の変身願望などには無関心
しかしこの時ばかりは、、、
旧 道
長野から松代経由 緑深き地蔵峠をくねくねと登り
真田町を抜け小諸 佐久 軽井沢へと広域農道を走る

夏の喧噪前の静かな中軽 旧軽横目で見ながら
何十年ぶりの碓氷峠旧道を下る

カーブは凡そ180 車二台すれ違うがやっとの狭さ
行き交う車はほとんどない翠のトンネル

大学の寮に入るためこの道を叔父と父と三人で
下ったことを懐かしく思い出す
当時の国道も今はひっそり奥の細道的風情

難所 碓氷峠の眼鏡橋
アプト式鉄道 煉瓦橋脚見上げしばし休息
そこから少し下ったところにダム湖
訪れる人もなくひっそりと

高速道では味わえぬ数々の歴史的散歩道
梅雨のさなかの青空と眩しい緑

心身共にリフレッシュ
鯨 肉
赤身に味噌たっぷり塗り込んでほんわり焼く
クジラの肉味噌ステーキと言ったところ

弁当にこれがのってれば大喜びだった子供の頃
庶民の味方お手頃価格 それが今じゃ高級食材

味も忘れてしまった
単なる懐かしさか それともホントにうまいのか

捕鯨論争はどっちがいいのか良くわからない
でもねぇ Greenpeace様

証拠固めとは言え
他人様の宅配便 押し込み強盗たぁ

そりゃいかになんでももまずかろう
移 動
外国人尺八家とリハーサル
過去何人かと旅を経験しているが
それぞれ皆一家言あって面白い

ある部分では日本人より日本人らしいのも共通項
歴史などもより詳細にご存じ

海外へ有名どころ数十名招待したことがある
さすがに事故でもあった日にゃ
ドキドキものだったと彼は話す

「若手台頭できていいんじゃない?」
と茶化したら苦笑い

責任者としては確かに重圧
大量輸送 大量移動も事あれば損失は計り知れない

運も芸のうちかしら?
試 練
来る日も来る日も箏の前
すでに指 腫れ上がり候

ちぃとも弾けるようにならぬ
もういやじゃ~っ!

それでも本番は来るのよ

むふ むふ むふふふふふ   ブチッ!
楽 譜
90年以降か?楽譜やシーケンスソフトの台頭は
パフォーマーにキューベースそしてノーテーター

そろそろフロッピーディスクが出てきた頃
データ保存にはカセットテープが主流だった

清水の舞台飛び降り覚悟でアタリのコンピューターと
ソフト Notator を買う 値段15万 ハードよりお高い

当時 コンピューターで楽譜書くと
多少小馬鹿にされたような感がある 面白い誤解
何もコンピューターが作曲してくれる訳じゃない

時代もノーテーターからロジックに代わり
Windows で動くようになった が
度重なるバージョンアップに追いつけず

ほっといたら今じゃ Windows 98 でしか使えない
一々専用コンピューター立ち上げるもめんどくさい

そこで考えた 思い切って Finale を買おうと
そして、、、

楽譜に対する考え方やアプローチが全く違う
ロジックに慣れた身には使いにくいことこの上ない
慣れの問題だろうとは思っているのだが、、

正に愚の骨頂 曲書く気などさらさらないのに、、、
店 子
世話をすると言うほどじゃない

飛んできて勝手に居着いた植物を
適当な場所に植え替えたりしていたら
いつしか緑でいっぱいになってしまった

小っこかった欅にゴールドクレストは
今や3メートル越す大木だ

孔雀サボテンと言うらしい いつ誰にもらったものか
一昨年までは大輪一つ咲かせるだけ 昨年は二つ
土も干涸らびて来たのでちょいとてこ入れ

そしたら今年は大輪六つ!
真紅から薄桃へのグラデーションが実に美しい

いやはや それにしてもまずいよなぁ
こちとらアパート間借り 店子の身分

どうしましょ、、
若 狭
小浜と言えば前回連ドラ 「ちりとてちん」
コアな落語聞けるかと思ったがさすがにそれは、、

本題は塗り箸 実物を頂いてしまった それも二組
うやうやしくも桐箱に収められ まるで蒔絵の如く
精細なる紋様 漆の気品 しっとりと指にからみつく

俺達にゃ分不相応と嘆くなり
大切に使わせて頂きます

でも何で広島でもらう訳?    (^o^)/
本 鮪
広島での延々六時間にわたる本番を終え
皆へとへとになりながらも打ち上げへ

注がれる酒を待てないほど喉が乾く
皆 笑顔満面盛大に カンパ~イ!!

そこへ三頭の本鮪
三時間焼かれた真っ黒な頭部がどっか~ん

悲鳴嬌声怒号に動揺 ナイフ手にいざ解体
熱々の顔面内部はそのままでとてつもなくうまい

美容健康お肌大事とコラーゲン
目玉ほじくる豪傑も

疲労困憊 難曲に次ぐ難曲 助演尺八TS君も
両手に花でこの時ばかりはうれしそう
松山から毎度助っ人SM君 苦手の魚に大弱り

ここはとても気持ちよく働ける環境だ
会主の姿勢も会員全てにいきわたりよく動く
音楽も筋の通ったレベルを実現している

気さくな打ち上げは何にも代え難い
本当に楽しい夜だった
梅 雨
天気が悪いと体調も何となく、、
それでも雨を押しての早朝散歩で気分一新

犬を連れた常連さんも歩いてる 結構降ってるのに

「おはようございます」 と挨拶してくれるのは
さすがに年配の方が多い

こちらから声をかけるのは勇気がいるけれど
この一言は何かとってもうれしいなぁ、、

ちらほら咲き出した紫陽花 雨の似合う花です
Designed by aykm.