fool on the hill

離 業
総裁選候補資格要求 そんなことが可能なの?
確かに誰も思いつかなかった下克上

こちら業界にあてはめれば
一夜にして我を一流音楽家に仕立て上げるべし ってなこと?

そりゃ余りにも無茶苦茶な!

嫉妬渦巻く政界巣窟 たたき上げ議員が許すはずもなく
それとも 権力さえ握ってられるなら煮え湯さえ厭わぬか

茶化すのは不謹慎 でも 面白そ!
南 仏
ピーターメイルを読むと猛然と南仏に行きたくなる
小節読んでそう思うのは珍しいかも

暇はある!
後は豊富な軍資金と言葉さえ自由になれば、、って

あれ? 確か俺 大学ではフランス語専攻したはず
どこへ行っちゃったの、、、?

ま いづれにしてもプロヴァンスってな顔ではなし

活字で楽しむだけだわ    くぅ、、、
夏 至
日の出が最も早く日の入り遅いのが夏至
と何となく思っていたらこれは誤りですと

日の出は夏至より一週間程度前が最も早く
日の入りは夏至後が最も遅いとのこと

これから盛夏を迎えるというのに
もう冬に向かっていく日照時間

今年は明日21日が夏至

うっすら明けゆく窓の外 眺める時間は何とも言えません
予 報
天候 温度 湿度 雨 風 雪 雷 雹 霜 台風 竜巻 高低気圧
日の出日の入り 月齢 波浪に潮位 紫外線 洗濯指数 花粉に光化学
黒点 日食 月食 オーロラ 蜃気楼 彗星 惑星 星座に宇宙 etc、、
 
一口に天気予報と言っても多岐にわたるものですねぇ

これからはこれに加えて オタマジャクシ注意報  なんて、、 (・_・;
騒 音
突然十数匹のカラスに襲われたゴミ集積場
追い払っても賢き奴ら さっと舞い上がり高みの見物

近くで見れば結構でかくて ちと怖い

散乱してるゴミを片づけ見れば
人だってつられそうなご馳走丸ごと

こりゃぁカラスにあたるのは見当違い
まんま捨てる人間って、、

落ちてた羽一枚手にとった
実にお見事 カラスの濡れ羽色

烏達は悪くない ただちょっと、、
けたたましく鳴きあうのだけはご勘弁
大 笑
拝啓 なぎら健壱様
昨日朝のラジオ放送 遺体と死体の違いとは?

たった一言の解答に大笑い
野暮な解説しないのもこれまた粋人

フォーク界の生き字引 下町文化のオーソリティー
その博学と飄々たる風貌

物議かもした自作自演の 「悲惨な戦い」
笑い転げた遠い昔を思い出しました
短 気
デスクトップ画面に大量のアイコンは何とも使いにくい
だから昔からタスクバーに押し込んで使っている

バーに並べても各アプリのアイコンだとやはり一瞬迷う
そこで 自作アイコン

色で瞬時に判別可能 気短にはもってこい
たまの配色変えもまた楽し やっぱ、、暇人!
旅 供
旅には頭使わずスイスイ読めて楽しい本がありがたい

殺人ホラー推理は苦手 探偵ギャンブル市井はまあまあ
軍事スパイ冒険アクションユーモアあたりがお気に入り
トムクランシーやクライブカッスラーなどあれば尚うれし

古本屋で手に取った二冊 J.H.コッブ著
「ステルス艦カニンガム出撃」と「ストームドラゴン作戦」
ちょっと照れくさい如何にものタイトル

ビンゴ!最新兵器はこれでもかと
これが真なら今や戦争など無意味 でも本当らしい、、

恐ろしく魅力的な女艦長に恋人の凄腕パイロット
適宜イチャイチャもしてくれて
個性豊かな乗組員に渋い機関長 人員配置も心憎い

もちろんワクワクドキドキハラハラワオッ!
ちょいとほろりもさせられて正にエンターティナー

読み終えてパッと忘れて捨てられる
旅のお供はこうでなくっちゃね!
速 飯
今回はファーストフード考
揚げたてのケンタフライドチキンに遭遇 手に持てぬ熱さ
ジューシー極まれり 揚げて十分経ったものは半額にすべきだ

久々に食べたビッグマックはパッサパサ うへっ!
ホットモットとか言うお店 へぇ、、

レンジでチンの飯付きレトルトカレーは高級志向
リゾットなども 弁当の安さにも驚く札幌西友
コンビニカップ麺 進化目の当たり

スタジオ付近には店がないので買い出し準備
たかだか五六人 食後 さすがの羽生ちゃん一言

「このゴミの量!」

容器包装の山見てしばし唖然 ホントこれってどうなの??
小 樽
羽田は様相を変えつつある
新駅の骨組みが出現し沖には新滑走路がおぼろげながら
どこが不況かと思うほど大都市のエネルギーはすざましい

それら眼下に空路千歳へ
原野の緑は今が新緑 空気が冷っとする

曇天の日本海眺めながら小樽に向かう
翌日からは丸二日缶詰レコーディング

札幌市郊外 まるで高原リゾートのような環境
宿泊施設まで完備 スタジオ内はそれこそ豪華 芸森スタジオ
札幌の吉崎君がすでに楽器をセッティングしてくれてた!

ベース飯田さん筆頭にパーカッションの羽生ちゃん
笛の扇柳さん 脚本相良さん 箏 17絃俺の編成
昔話の朗読に合わせ挿入曲が次々録られていく

曲によっては実に久しぶりのドンカマガイド
メンバーが 「あのねぇ 今時 ドンカマなどと、」 と
要はメトロノーム 最近はクリックと申すそうな いやはや、、

音楽も気負わず優しく実に楽しい

音録り終えた翌日 午前中はホテルでゆったり読書
昼にはハブちゃんからお誘いで鰊御殿下の食堂へ
焼きたてニシン定食 余りのでかさに仰天 美味すぎる!

夜はアジアンテイストのほの暗い居酒屋で打ち上げ
Sax奥野さん一家も合流 あっという間に時間が過ぎる

名残惜しく帰った東京はじっとり蒸し暑かった
比べて今回会った人達と音楽は実に爽やかで清潔

変な言い方だなぁ、、でも本当にそんな印象の嬉しい旅でした
Designed by aykm.