fool on the hill

糸 締
十七絃二面を糸締め 太い糸はもうほとんど縄 ばてた

一面は通常型 そしてもう一面は古い型
最近頂いた材も造りもしっかりした代物

ところがこれ 雲角芯座下 糸玉で糸の途中を留め先端をネジで巻きとるタイプ
糸締めの困難さ故の仕様とも言えるのだけれど

普通の締め方に慣れた身としては呆れるほどの手間と暇
糸に負担がかかり無駄も出て予備糸は胴体内部に放置

やはりすでに終わった型ではあるようです
初 秋
直 撃
沖縄近海で円を描いた迷走台風15号
たっぷりエネルギーを仕込んで一気に駆け上がってきた

咆哮する風雨 数時間 頭上直撃は近年珍しい
首都は相変わらず弱さ露呈 前回の12号と相まって全国的被害大

毎年の一字 災害に関するものは95年の「震」と04年の「災」
今年は「核」か「水」か それとも「厄」か「難」?
光 沢
郊外人工湖の散歩道 何やら足元にゴロゴロ
何の実? 割ってみて思わず見とれ 郷愁ひとしお

秋になると学校の中庭にたくさん落ちてたっけ
皆で争って拾い集めたんだけど そう簡単にゃ食べられない

確か磨いて自慢し合ったような? 不思議と惹きつけられる栃の実
青 唐
小ぶりの唐辛子をベランダ下に二本 今年は大豊作
激辛を毎日数本 青の香りが何より魅力

鷹の爪じゃこうはいかない

細かく刻んで油で炒め最近流行りの液味噌たっぷり
飯にも肴にも 舌先しびれまくりの ひぃやほぅ
喪 失
世話焼きに外来予約され禁煙すること25日 特に欲しはしないが
外で空を見上げながら煙りを吹き上げているあの時が恋しい

そんな内容の黒眼鏡師のメール 実に実に真ごもっとも
惜しむらくはあの呆けた時の喪失

あらゆる所でご一緒させて頂いた ぷかりぷか~り  ゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○
15ヶ月経っても未だ未練の私です
味 噌
宮崎名物冷や汁 何故温かいご飯に冷たい汁を それに見た目も?
と最初はいぶかった が 慣れれば旨い

冷たいご飯に冷汁など各家庭で様々なパターンもあるらしい
けれどやっぱり目の前に出ると 一瞬 うっ、、

などとほざいていたら全国にもいろいろあって
えっ 埼玉にも! でもどうやら うどんのつけ汁

家はもっぱら淡色辛口信州味噌 ところが最近
一種えぐさと酸味の赤だしに首ったけ ま いつものように飽きるまで
偶 然
新宿は南口 超高層高級ホテルのラウンジ
いつ来ても一杯八百円のコーヒーには驚くが見事に旨い

難航気味の打ち合わせ途中 エレベーターの前で声かけられる
見れば無精髭はやしたアメリカ人 うをっ!久しぶり どしたの?

うん 仕事で来てる どう元気? 曲書いてる?
全然書いてない、、、 

駄目だよ書かなきゃ
へっ? はぁ、、、 ところで今もサーフィンやってんの?

こないだも台風でいい波が来た しっかり遊んだよ
鴨川で? 元気だなぁ いくつになった?

今年還暦
ぎょっ!そっか 一つ違いだったな、、

会うのは十年ぶりか 短い会話後 互いに元気でまたね と別れる
還暦にしちゃぁ若かったジョン君 ご存知 ネプチューン海山
手 軽
一眼レフの重さとカサにやっぱりめげてコンデジに浮気
候補は OLYMPUS XZ-1 Nikon P300

見た目に惚れたXZ-1は手に取ればやはりでかい
そこへP300の安値情報、、

見かけは無骨?のちょい昔風 そこそこマニアック
で画質はと言えば あらっ? 期待しすぎた?
余 波
嵐の後は時に口あんぐり 昨夕 近くの池と荒川土手へ
天空のスポットライト 怒涛の水量
気 心
小中高大と同級会なるものとは一切無縁
比べて大学サークルOB呑み会はしょっちゅう

それでも久しぶりに間が空いて昨夜はほぼ二年ぶり
話題は震災と原発 やはり皆 何らかの負荷が相当量かかっている

嵐の中 しこたま呑んで馬鹿言い合って気心知れたいつもの面々
次回は一泊かけて更に呑み潰れるぞ と誓い合う
広 告
今がいつでも一番若い と言うような広告を電車で見た
なるほど と一瞬思ったけれどちょと待って

未来を見れば確かにそうだが 過去を振り返れば 今が一番年寄り じゃん
格言的なものはまぁそんなものか、、どうやら永六輔語録らしい
Designed by aykm.