fool on the hill

支 援
先週末は客席300強 響きの良い長野市松代文化ホール
震災でやむなく一年延ばしたある人のリサイタル

ここにも時折投稿の散歩道さんが舞台全てのバックアップ
どうやら管轄会場らしい 何を頼んでも即OKのドンピシャ

楽器屋さんは上越からわざわざご夫婦で
今は野坂沢井コンビのツアーで飛び回ってるお方
これまたツーカーで何の心配もなし

楽器の位置決め 進行や設定をざくっと検討後は
全曲調絃や演奏に没頭できる実にありがたい環境となった

各々の道で生き抜いてきた人達の支援は何よりの贅沢
紋 様
今では危険と言われれば余計にやりたくなる天邪鬼
子供時代に教わった例のやつ ガラスに蝋燭の煤付けて

ほぅ 結構よく見えますな でもやっぱり目がしんど
左手に煤ガラス 右手に一眼 手ぶれながらも順に並べてと、、

それより何より振り向いて息を呑む 壁に写った 木漏れ日の輪
薄 味
以前も泊まらせて頂いた高級ホテルがリニューアルとか
ロビーには海外の方多くスタッフも流暢な日本語

最新式のスイッチ群には手こずったけれど
部屋は文句のつけようもなく広く静かで清潔で

冷蔵庫には 1cc 1.04円のミネラルウォーター筆頭に
見慣れたものが見慣れないようなお値段で鎮座ましまして

朝食も和洋で階が異なり 和を選んだら眼前に
木漏れ日さす石庭に竹林の翆 客 我一人
給仕は一分の隙もなく席を引き着座促ししばし待たれよと

運ばれてきた二段のお重に季節のものが色鮮やかに配置され 他に
二口で終わりそうな白米と一口で終わりそうなおみおつけと海苔

味はと言えば純素材の味どうか存分にご堪能下さいませ とばかり
どれもこれも超々薄味 いや確かに昔の京都はどこもこうだった ような、、
音 響
残響何秒などと自慢できたホールも今では懐かしいが
やはり全ての楽器やアンサンブル形態に適するわけもなく

昔 どこにでもあったいわゆる多目的ホールのデッドな空間
演奏側にはかなりな負担 故に音量を上げる訓練は欠かせなかった

その為か客席側では真っ向勝負の真の芯の音が聞けたような気がする
この楽器に限ったことかも知れないが、、

今日から京都4日間 初めてのアンサンブルホールムラタ
さてさてどんな音がするのやら、、
豹 変
布団干して買物へ 店を出たらいきなり黒雲
チャリで迫りくる雨とつばぜり合い 息上がる

布団取り入れ空見たら何事もなかったように晴れ渡り
と思いきやまたも雨 風も南から北風に変わり気温急降下

雷鳴轟き激しい稲光と豪雨 前の畑は一瞬で池
雨に混じってその内バラバラとものすごい雹の音

車の屋根はさながら油を引いたフライパンに水状態
ベランダには最大直径1cmの氷の粒が転がる

お次はすざましい強風 木々大揺れ物飛びまくる
飽かずに眺める天体ショー

幕引きはお日様 いつもの穏やかな夕暮れ
その後の竜巻映像はまるで絨毯爆撃の跡 豹変の一日
工 具
素人だからこんなで十分と長年使った安電動工具の数々
ある時プロの道具を借りたら余りの違いに (゚д゚)!

おいそれと買える値段ではないので少しずつ買い換えた
ジグソー サンダー ドリルにインパクト トリマ グラインダ レシプロソー

でも せっかく揃ってきたのに
最近余り工作をしなくなった どうすんだっての!
Designed by aykm.