fool on the hill

介 護
その1. 迎える年の瀬 よりによって公務員仕事納め当日
介護する側に介護保険被保険者証を送付する市役所
支払いは天引きか徴収か口座振替かと おいっ! (-_-メ)

残り二日でまた新年
門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし

愚痴で終わる年も情けなや 前向いて頑張りましょ
はい 今年もお世話になりました どうか良いお年を!
筆 記
一本二百円ほどの万年筆 PLATINUM「preppy」
インクは全七色 線の太さは三種類

以前から中字の快適な書き味にこれでこの値段?
今年極細が発売されたのを機に細字全色も揃えてみた

必要なのかと問われれば縦譜を書くにはすこぶる重宝
カキコキカリカリ感から滑らかサラサラ感までさすがのヒット商品 

シャープペンは古典的名器「PRESS MAN」信者
残るはボールペン インクの溜まり「ダマ」ゆえ大嫌い

けれど官公庁書類から荷物の送り状までほとんど全てが
これ仕様 神ボールペンはないものか、、

追伸 プレスマン改良&カラバリ追加
高 騰
台風と秋の長雨 野菜の受難一段落かと思いきや
季節は 野沢菜 沢庵 醤油豆

ひっ!菜っ葉4kg一束九百円越え!
醤油豆お前もか 大根は姿が見えぬ 

菜は予約が功を奏しほぼ通常価格で32kgゲット
大根は飯綱まで探し歩いて10kg格安ゲット
醤油豆のみ店の言い値仕方なく

一昨日全て仕込み完 野沢菜がやっぱり一番手がかかる
夫婦で腰が腰がと天仰ぎ  さて 冬籠るぞっ!
空 旅
博多は八百人収容の客席 客層に外国人が多いと
反応が顕著で手応えが違う 盛大な拍手を受ける喜びは久々

本場の刺身はどれも引締まり甘さ堪能
信州松本空港からの往復空路も新鮮!だった

帰路は晴れ渡り 四国の山々 瀬戸内の眺望
そのうち見事な富士 白山に各アルプスの白き峰々

御岳 乗鞍 穂高を間近に眺め機長はまるでバスガイド
松本上空を二度ほど旋回サービス
見事なパノラマに乗客も身を乗り出しての歓声

着陸後 窓を眺め続けた首が戻らない
寒さ厳しく美しい信濃の冬がまた始まった
Designed by aykm.