fool on the hill

遺 産
庭の草木が余りにも、、黒松 赤松 五葉松
「手間と金のかかるものばかり!」 下見でつぶやく庭師  (゚д゚)

そやつらさておき ひと思いに他を引っこ抜く!
高野槙に海棠 梅花空木・花水木・こぶしの木
錦木・雪柳・懸崖ヒバ・ツツジ×2・椿×2 春蘭×4 合掌!

中でもツツジの根には疲労困憊
結果見通し良 本来の石庭が見えてきた

後日の炎天下 庭師三名八時間に及ぶ五本の松との戦い
終えてみればそやつらは毛刈りを終えた羊の如し

すっきりした庭は爽快 裏腹にまだ見ぬ請求書に思い暗澹
しかし毎年のこれ、、いったいどうすりゃいいんだ!
朝 食
朝6時 三年ぶりに青鬼集落へ 田植え終わったばかりのあぜ道で
残雪の鹿島槍 五竜 唐松の威容 眺めながら持参の朝食

伝統的家屋とひっそりとした空気 棚田脇を下る急流の水音
どこか人を遠ざけたがっているような孤高の集落

白馬に降りいつもの北城地区 臨む白馬三山と松川の青き流れ
水田に映る逆さアルプス 信濃はため息ばかり、、、
南 仏
昨年 道の駅で会った友人に 車で小一時間の上越に
「プロヴァンスの12か月」なる
フランス料理店があるので是非行くべきと聞く

名前など聞いた端から忘れる頭だがこれには覚えが、、
ピーターメイル! 以前結構読みあさった記憶

絵本「ぼくどこからきたの?」が有名だが
むしろ南仏を題材に数々の名作 癒やし系
その中に「南仏プロヴァンスの12か月」があった

たどり着いてみればポツンと洋館 窓の外の小さな庭の先には
田植が終わったばかりの風景が広々と

南仏がどんな所か知りようもなく ましてや仏料理など
今までに数えるほどしか食べてない けれど
お店も料理もどこか作品に似て、、大満足の小旅でした
Designed by aykm.