fool on the hill

胡 桃
土手の上面が舗装になったらカラスと殻屑が増えた
上空から胡桃を落とし割る頭脳明晰鳥

負けじと奥は公園でせっせと拾い集める鬼ぐるみ
樫ならさして苦労もないが鬼だけはいかん
割れと頼まれ案の定 指は金槌の犠牲 激!

調べれば一晩水に漬け弱火でから煎り
微かに開いた隙間に刃を差し込みひねるとある
ただしそれでも開かぬものありと それじゃ困る

そして見つけた究極のペンチ型くるみ割り機
三條鍛冶屋 古澤製作所「和くるみ割り器 ほじくるみん付」

多少力はいるが楽に綺麗に見事真っ二つ
笑える命名 掻き出し棒「ほじくるみん」も秀逸

鬼の濃厚味わえればあって損はなかろうか
クルミだれの蕎麦も食えることだし、、
形 相
人の顔に いちゃもんつけられる身ではないが

最近とみに 首相の顔が醜くなってきた
いよいよ本物の政治家に ?  

大昔の文庫本 小説 吉田学校 に載る挿絵群
歴代首相全てが妖怪の顔だったのを思い出し
食 感
今年になって直売所で時折見かける新野菜
面白がって買ってみたらこれが結構使える

硬~い柿 もしくは生人参ほどの歯ごたえはカリコリパキっ
その名コリンキー 百円前後 何やら似た名のスナック菓子が、、

見かけは黄または橙色の若干洋梨型小型カボチャでほとんど味はなく
生サラダ 煮物 漬物 炒物 天ぷら と守備範囲は広い

見た目と違って皮は柔らかくスッと包丁が入る
余り火を通すとただのカボチャ食感になるのがご愛敬
講 習
わかったつもり できたつもり が講習会の本質
いったん家に帰ればさっぱり??

思い余って申し込み「松の剪定」限定30名
初っぱなから予約電話が全く繋がらない

運良く通じ いざ出かけて見れば同じ境遇の爺婆勢揃い
数名の植木職人の指導で公園の松を実際にいじってみる

実に難解 理解不能 春は春でこれまた全く違うと言う
これじゃつもりでさえもままならぬ

翌日 無謀にも庭の赤松 黒松に挑む
3m超の三脚の上は恐怖 それでも樹頭に届かない

身軽な女房にてっぺん任せ悪戦苦闘の二日間
どうにかそれらしく体裁だけは、、、

職人が見たら呆れるんだろうなぁ、、
まぁいいか いざとなれば薪じゃわ!   (-.-;)
着 想
何もそこまでやらずとも、、、とか
思わずニタリ とか なるほど とか とか

アイデア満載サイト
画面右覧 その他のサイトもお楽しみ
Designed by aykm.