fool on the hill

音 録
神戸市郊外広々とした学園都市
芸術工科大学の一室で始まったレコーディング

エンジニアは映画監督とアートディレクターのご夫妻
驚いたことにガラス窓のむこうではなく
演奏者と同じ空間で音録りすると言う
実際の音を感じなくて何が録音かと

音はと言えば
昔ロンドンレコーディング時 楽器の周りを長時間
這いずり回ってポイント探した金髪エンジニアと同じ位
音の芯を捉えている
無造作に配置されたようなオフぎみの高価4本マイク

常々音録りは音楽と一番遠い場ではないかと思っている
どんなにいいテイクでもミスがあればと未だ達観できない
醜い自分と向き合う苦しい作業

相も変わらず完璧には弾けぬ
けれどいつもの録音時の精神状態とは全く違う
エンジニア眼前のライブ感
二人の人柄と真摯な姿勢に助けられ緊張感が持続する

CD制作するのは内弟子同期 世代も同じ一人の女性
1995年阪神淡路大震災 未だ癒えぬ心の傷
それをテーマに深く考え続けてきた末の決断

お気楽中年男 助演受けたはいいが余りに重い
せめて演奏ぐらいはと奮闘するも時すでに遅し

またやっちまった、、、、、、、、、、
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.