fool on the hill

履 物
何かの拍子に他人様の靴やスリッパなど履いた時の
驚きと言うか 不、、快感と言うか、、
見かけは大して変わらないのに何という違和感

自転車や車なんてのもそう
使い込まれてるほどすごいよね

下駄もそうだったなぁ、、最近はさすがに見ないけれど

小学校はよく転校した その内の2年間
長野県は大町市 冬はめちゃ寒い
何せ まんま北アルプス背負ってる町

冬は校庭に水を張るとスケート場が出来上がる
当時庶民の子は皆 「下駄スケート」
下駄に刃が打ち付けてあって足袋履いて
紐でしばって滑ってました

足が冷たいのなんのって
お金持ちのお坊ちゃまの靴スケートが
何とも羨ましかった

やっと靴スケートが買えたのが大学時代
バイトした金で真っ先に買ったっけ

冬の授業はスキーもあり
何も教わらずただ滑ってたような気がする
おかげで直滑降こそが命
ボーゲンなんてスキーじゃないと皆思ってた

ただただ真っ直ぐ滑り降りる
いつもド派手にこける時が止まる時

パラレルで楽に滑れるようになったのが
やっとこさの二十代後半 別次元の楽しさでした

しかし今じゃ普通の道歩いててもこけるもんなぁ
またスケート靴買おうかな、、で 大骨折ってか、、、
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.