fool on the hill

霜 月
もう11月 日の出は遅く日の入りは早い
朝の散歩には手袋が欲しいほど 来月は師走だ

いよいよ間近に迫った公演 「夜叉ケ池」
一回目のリハを終えそろそろ全力疾走

演劇でもなく朗読でもなく歌でもない
作曲者曰く 「音と語りの境界線が無くなり
楽譜を演奏するように語る」

言うは易し 全70頁に及ぶ楽譜には
難解な音符 その上に台詞がぎっしり書き込まれる

不用意に語ろうものなら即刻 噛む!
昔の表現も多い

なさりませ なりませぬ 計られぬ ござるまい
ござりまするもの 相成りませぬ 居りませぬ

ゆっくり発音しないと中には意味が逆転するものまで

おたしなみなさりませ → お楽しみなさりませ
沈められぬのでござります → 沈められるのでござります

演奏しながらだから所作はいらぬがド素人にゃ余りに荷が重い

皆苦しむ中で只一人 浪々と声を発し語る強者
言い回しから感情移入まで圧倒の語り口 白雪姫役の琵琶奏者

こやつと絡んで進まねばならぬ俺などまるで
幼稚園の学芸会 その中の端役にも等しい
いっそ立木にでもなりたい気分

その他にも口で16分音符を語り手は三連を
弾くなどと言うとんでもない技法もある
一度やってみなされ!混乱必至!

しかし練習は実に楽しい 何せ未体験ゾーン
それに集うメンバーの実力と人柄 何にも代え難い

だからと言って果たしてこれを舞台に出せるのかと
日々戦々恐々 罵倒覚悟で腹をくくらねば、、

何卒皆様 私以外を楽しみにお出かけ下さりませな、、。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.