fool on the hill

生 命
時間待ちの空港書店 帯の派手さについつられ
買ったは講談社現代新書 何やら小難しそう

【 生物と無生物のあいだ 】 福岡伸一著

ところが極上ミステリー 更に上いく面白さ
機内で読み電車で読み茶店で読み宿で読み終えた

生命とは何か
この根源的な命題に想像すらしなかった世界からのアプローチ
理解できたかと言うとおそらく半分も、、、

病や苦しみ抱えながらも生命維持装置として
究極の姿ではないかと思えてくる人体

困った時の神頼み的信仰心しか持ち合わせていないが
進化や突然変異でこの身体が出来上がったとは
とうてい思えなくなること請け合い
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.