fool on the hill

裏 間
満席の聴衆相手 こちらが叩く一定テンポの手拍子に
裏拍子で手を叩いて入ってもらう 広島のお客様 ノリ がいい

かなりな速さの連続裏拍子ができるようになるには
やはりある程度の練習が必要なのだが
コツが分かるとただ相手について行くだけの感覚になる

さて 裏が取れるようになるとおかしな事が起こる
一見楽に思われそうな表間が裏に入られると
とたんに迷い出す 速度保持には冷酷な意志が必要だ

それに常時背中にぴったり張り付かれて歩くようで何とも不快
なのに裏にスパスパ入る方が俄然かっこいいのだ

遠い昔 「六段の調」 を確かこの形式で聞いた記憶がある
どう探しても見つからず ならばと作ってみた

気品と格調の名曲いじくるにはそれ相応の勇気
表の全てに単純裏付けするといきなり下卑るおかしさ

半年ほどかかってようやく何とか許されそうな形になった
いざ練習してみるとこれがまたとんでもない緊張感
いやそれ以上にむちゃくちゃ面白いのだ

こんなものを舞台に出すことを快諾してくれたW先生には
心からの感謝 貴重な機会を与えて頂いた

もし興味のある方は こちら 「裏六段」 ダウンロードご自由
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.