fool on the hill

人 情
若手に誘われてまたまた命日墓参 境内の桜も見頃
相変わらず何人も来てるようでお香の火も絶えず

ついでにまたまた東京電波塔
スカイなんたらよりこの呼び名が妙に気に入った

高速に流れる雲背景でまるでこちらに倒れてきそうな錯覚
船酔いと言うかめまいというか頭クラクラ 橋の上には観光客がびっしり

でまたまた玉たこ たこ焼きつまみに二人でジョッキ10杯
中国のお姉さんも健在

そこへタクシーで乗り付けてきたもう一人の若手
両人と飲むのも実に久しぶり 美女二人に囲まれて俺は只のニヤケ親父

千鳥足 酔い覚ましに隅田公園へ 両岸の桜は満開
飛び交うカモメと出店露天 酔客のにぎやかさ

突如若手が電気ブランを呑んでみたいと言い出した
吾妻橋を徒歩で超えごった返す仲見世 改修中の浅草寺お参り後
あの神谷バーへ

店内はまたしても超過密 空いてる席にまず座りそれから食券
学生時代良く呑んだあの甘ったるいショットをちびり
チェイサーの水じゃ我慢できずビール追加

肩寄せ合う近さで見知らぬ人とテーブルを囲む
訳知り顔で ほとんど観光客で地元なんかいないよ と教えると
横にいた齢八十の寅さん帽をかぶった爺さん

俺が観光客に見えるか てやんでぇ 根っからの浅草でぇ
さてこれからが延々と浅草芸人話
店内の喧噪の中もごもごとしゃべるから話半分も聞き取れぬ

けれどさすがに物知り 昔話は実に面白い

ところでお前ら どうみてもまっとうな人間にゃ見えねぇ 夫婦漫才あたりか と
のけぞり笑い転げる俺ら 反論も大人げない まぁ似たような者で、、、

厳しい時代だが頑張れ 俺はこれからジャズを聴きに行く
あばよと手をにぎり席を立つ 何だかやけにサマになる爺様だ 

昔の居酒屋はこうだった 大人がいろいろ教えてくれたっけ
下町人情満喫し気分は春爛漫 やっぱりいいな浅草! よっしゃ 漫才頑張るか!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.