fool on the hill

大 工
えほんの郷に行き出した頃の事 
竹楽器を作っていると小柄な人が側に来て 
俺も何か作ってみます と夢中で作り出した
これが知ってか知らずか東南アジア竹の絃楽器
集中力がすごい 納得いくまで作り直す

そんな姿見ていて一発で興味を持ってしまった

その人物 別に四角い目をしてる訳ではないのだが
えほんの郷の重要スタッフ 名を四角目さんと言う
珍しい名だから最初はそのまま読んでいいものか迷った

本業は家を建てる大工さん 
小柄でほっそりだが日焼けした強靱な体
毎年の行事で大がかりな舞台装置を作る
知るほどに彼のすごさがわかる

昨年そのバラシを手伝った時の事
長い角材が中央で継がれている
何とも複雑な繋ぎ目の彫り 摩訶不思議な組合わせ
からくり箱思ってもらえればいいだろう

それが些細な動作で継目が見えなくなるほど
ぴったりと一本の柱のようになる
人が乗って跳ねてもびくともしない
まるで落語「三井の大黒」目の当たりだ
バラシた後 図解までして説明してくれるのだが
俺の頭じゃさっぱり分からない

大工なら誰でもできますよ と一言

東京から応援に来てた大道具さんも舌を巻く
今じゃこんな細工する人どこにもいないですよ と

子供達に道具を使わせる時も 怪我して当然の姿勢
痛さを知れと言うところか
自分で考え自分で作り直せと突き放す
なのに子供達は彼に自然と寄ってくる

若い頃はかなりな極道だったようだ
普段は丁寧で柔和な人だが
時折ふっと何かすごみを感じる瞬間がある

真の職人に会えることはとても幸せなことだ
側にいるだけで本当にうれしくなってしまう


話代わって「金尺」 差し金とも言うが大工さんが
腰に差してる直角の金属の物差し 
持ってはいるのだが線を引いたり直角を計ったり
だけに使っていた
何とこの金尺の秘密を知ったのは恥ずかしながら
つい最近 それも未だに理解できないでいる

こんな能力があるのだそうだ
寸法を測る 原寸を書く 直角を計る 円周の寸法出し
√でみる寸法 角度の割出し 計算尺 勾配を出す
墨勾配などの複数勾配 鬼門を計る

それにしても何のこっちゃ?どうやって使ったらいいの??
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.