fool on the hill

汗 顔
長年自分の親にはしっかり援助してもらったものの
我が娘となると かくも冷たい

授業参観 運動会 その他一切出たことはない
塾などとんでもない 習い事など人生の無駄と諭し
あげく一刻も早く自活せいと長年洗脳にいそしむ
その代わり 勉強せい とは意地でも言わぬと誓う

小さい頃一度だけ箏をやりたいとつぶやいた
やらせたくなかった で ちと厳しいレッスンを

二度と箏には寄りつかなかった 作戦成功
その後 貯めたお年玉で小さなキーボードを買う

それで良しと 無手勝手流 楽しく眺めていた

高校受験 突如県立音楽高行くと宣言
弾いたこともないクラシック 泥縄で受かる

呆然 とりあえず低所得者の恩恵あらん限り駆使

卒業寸前 今度は私立音大に参るとのたうち回る
それもJazz!

言い出したら収めぬは遺伝
加えて一人娘の我が儘ここに至れり

失神寸前 絶叫することしばし
最高級箏何面買えることか 
と まずは己を慈しむ実に見上げた親

奨学金で何十年かかっても返すからと
返すってたってとりあえずの資金はどこよ

在った 

孫よ孫よとジジババが

ほんの微かに 情けなかった

ピアノで何がやりたい?
【レストランでBGMの仕事】

黙し千々に乱れる想い

二年レストランバイトをしたあげくその地位確保

同時に実力派若手Jazzピアニスト追っかけ始め
自腹でレッスン受けイタリア旅行まで

良し 食って行くのは何とかなりそうだ
ここでもう一押し 早く家を出ろっ

彼が出演する近くのライブハウス
そこのママは常に若手に手を差し伸べる
迷わず給仕のバイトに潜り込み ついに、、、

【○○ちゃん 一度ライブやってみたら?】

言質取った

空恐ろしい 次々に夢実現 実力はいったい?

誰に似たんだ
俺じゃない!俺はもっと謙虚だ!

実は今夜 彼女のソロライブ

内容は全く気にしてない 
良くも悪くもいづれきつい洗礼受けるがこの仕事
それはいい

問題は俺だ
この手記でさえ
この俺が親ばかか と素直になれぬ

と言いつつ 汁

まっ いいか、、、
日頃のママへの感謝に死ぬほど呑んでこよう

実はとてもうらやましい
一人聴くのはいつもジャズ ソロピアノだったから
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.