fool on the hill

緑 葉
東京文京区本駒込の下宿に入ったのは43年前
一階は大家さん 二階三室が下宿人

薄暗い四畳半に半畳の押入れと簡易台所
トイレ共同 窓の外は隣家のベランダ 家賃は4千円程度だったか
それでも寮を出て初めての一人暮らしには心躍る空間だった

前置きさておき本題「おもと」 「万年青」と書く
世話になって4年 目黒へ越すことになった朝

「持っていきなさい 新しい家に入る前にまずこれを部屋に
入れるんだよ 息災でいられるからね」 大家さんに渡された一鉢

それが今 青々と目の前にある 長い付き合いだね まだまだよろしく
Comment
≪この記事へのコメント≫
息災
「息災」という言葉、なんかいいですね。
2014/06/10(火) 02:01:56 | URL | ぴろし #-[ 編集]
うん、どこか人となりを表す言葉だよね。最近は聞かないな。

穏やかな大家さんだった。
数年前訪ねたらさすがに無人だったが家もそのまま、
界隈も余り変わってなかったなぁ。

思い起こせばほとんど「神田川」の世界だったかも。
2014/06/10(火) 02:26:54 | URL | kuri #quSBhyNc[ 編集]
43年前
43年前、わたしはKIEYOに出会いました。
先月3回忌でした。万年青はずっと元気でなによりです。
2014/06/11(水) 23:25:37 | URL | sayo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.